読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみがいるから、せかいはかわる。

数多のすばらしいジャニヲタブロガーさんに憧れ、自分でもあれこれ書きたくなったアラサージャニヲタの心の叫びやら雑多な感想やら。

一回りの秋~NEWS結成12周年に寄せて~

2003年9月15日。
NEWSというジャニーズのユニットが結成されました。
早いものでもう12年、干支が一回りした今日。
NEWSは12歳になったわけです。
ふと、12年前を思い起こして、そのころの気持ちをちゃんと言葉にして記したことはなかったなぁ、と思ったので、せっかくはてなブログを始めて最初の結成日ですし、諸々書いてみようかと。

ただし、わりと重ため暗め黒めです。
めでたいデビューにそんなこと思ってたのかよ?はぁ?って感じになるやもしれません。
その辺りはこの予告で自衛をお願いいたします。申し訳。
あとあくまでも主観でいろいろ書いてます。根拠とかないです。ソースは俺の妄想、なのでご注意をば。

12年前の9月、バレーボールW杯が近づいてきた頃、 流れてきたJr.ユニットメンバーの噂。
そこには自担の名前がありました。
そして9月15日、ユニットのお披露目が行われます。
真っ白な衣装を着て、次々とライトの中へと飛び出してきたのは、噂通りのメンバー9人でした。
もちろん自担、小山くんもいました。
にもかかわらず、私はそのユニットに対して嫌悪感を抱きました。
だって、ユニットというにはあまりにもバラバラだったから。寄せ集めにしか見えなかったから。
そして、今までのJr.内ユニットを分解しての結成だったから。
この点に関しては、実際に分解されたのはK.K.Kityくらいのものだったので次のバレユニであるHey!Say!JUMPに比べたらまだ傷は浅かったなと今なら思えるけれども。
できることなら、K.K.Kityでデビューするところを見たかった。
まだ結成時には「W杯限定ユニット」という(まぁ前例からしたらまったく信じる気が起きない文言だけれども)形式で活動する、とのことだったので、ほんの少しの希望にすがってました。

なんだかんだCDは両方買ったし、ポスターやらカレンダーやらあげくにはNEWS茶やら、とりあえず買うものは大体買いました。
所詮ジャニヲタ、ちょろい。だって自担がいるから。

W杯が終わっても、やっぱりNEWSはNEWSでした。人数は減ったけれども。
もうK.K.Kityはなかった。知ってたけれども。
メジャーデビューしても、毎回CDは買っても、一番好きな人がいるグループであっても、NEWSが私にとって一番好きなグループであったかというと、ちょっとわからない。
この頃は新曲が出るたびに
「またソロない」
「全然映んない」
とフラストレーションを溜める日々でした。
やっぱりグループを、というより個々として好きだったのかも。

結成時のNEWSは、「魔方陣」だった。
今あの頃を思い返して、私はそう思っています。
中心に「山下智久」を据え、その周りに欲望と、呪縛と、思惑を何重にも並べた魔方陣
その魔方陣は瓦解して、構成要素の一部でしかなかった4人だけが、今そこにいる。
そのNEWSが、私はとても好きです。

もちろん、今の4人になるために9人のNEWSが作られたわけではないし、辛いことなんてなんにもない、そんな12年間を過ごしてくれた方がよかったのかもしれない。
でも、9→8→7→6→4、だからこそあるNEWSが好きで、これからもずっと好きでいたい。


NEWSちゃん、12歳のお誕生日おめでとう!
一年に一度の魔法、特別な日!